フォト

Twitter (大三元四暗刻 @Dai3gen4anko)

  • Twitter

咲-Saki-

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ミクちゃんor♪をクリック

無料ブログはココログ

トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の記事

2011年1月27日 (木)

これまでの咲-saki-聖地巡礼の記録 #saki


これまでに行ってきた咲-saki-の聖地巡礼(舞台探訪)の記録です。
改めて見ると。あちこち行ってるなぁ。

次は、暖かくなってからですが、岩手県宮守かな?
っと、写真撮ったはずなのに、よく見たら「ふくよかにすこやかに」の扉絵と全国大会会場になってる東京国際フォーラムがないですね。

2011年1月26日 (水)

8巻は3月にも出ない?

コミック販売速報(http://comiclist.jp/index.php?p=n)によると、3月にも咲-saki-8巻は出ないようです。
7巻が昨年4月24日にでて、もう1年経ってしまいそうです。
9巻と同時発売になってしまうのか、それとも2期かOVAがあるのか、不安と期待に埋もれそうです。

2011年1月17日 (月)

咲-saki-は、王道バトル漫画だった #saki

少年ジャック 編集部 服部さん (「バクマン」より) 曰く
王道のバトル漫画に、まず大事なのは、
・読者が自然に入り込める世界観
→麻雀がメジャーになっている世界。サッカーや野球をイメージすれば理解しやすい。
・主人公がなぜ戦っているのか、共感できるはっきりした理由
→全国大会に出てお姉ちゃんと麻雀で話したい。
・かっこよく迫力があり何が起こっているかわかりやすいバトル
→咲の嶺上開花、衣の海底摸月など、麻雀を知らなくても凄いことが起きていることがわかる。
・主人公と同等かそれ以上に魅力的な敵キャラ
→主人公チームの清澄は、もちろん、龍門渕、風越女子、鶴賀のメンバーはどれも魅力的。
・できれば、かわいいヒロインがいると良い
Photo

・少しの笑いがあって泣くシーンがあるものが強い
→「こんな私で良ければ」
Photo_4

うん、全部満たしてる。

2011年1月15日 (土)

天逆鉾を見に行きました

アニメ咲-saki-(1期の)最終話EDで、姫様こと神代小蒔が九蓮宝燈を和了った時に降ってきたのが、天逆鉾です。

Photo

霧島神宮の近くにある高千穂峰の山頂に刺さっているのが、この天逆鉾と言われていますので、昨年見に行きました。

Amasakahoko

見に行く場合は、高千穂河原まで車で行くのが良いでしょう。(駐車場代410円は、霧島の環境保護に使われるそうです)
登山ルートは、御鉢の火口までが中間地点、馬の背と呼ばれる尾根を渡って(ここまでは、携帯がつながります(管理人はauを使用))、山頂まで登ります。中年おっさんの管理人が休みながら登っても片道90分ほどで山頂に到着しました。
見晴らしが良いので道に迷う危険性があまりないのも登山初心者向きです。
注意点としては、高千穂河原を出ると戻ってくるまでトイレがないので気をつけなければなりません。足場が悪いし、つかまるものがあまりないので、登りもですが特に下りに神経を使います。

登山の様子は、こんな感じです。
Photo_2

でも、山頂に着いた時の360度パノラマは絶景です。(山頂から桜島の方向を見た景色)
Photo_3

咲-saki-カテゴリーの主な内容

咲-saki-カテゴリーでは、ヤングガンガン連載中の咲ーsaki-の感想を書いたり、「アニメ2期が待ち遠しい」と叫んだり、舞台探訪に行ったりします。

とりあえず、別ブログにアップした(もうブログ削除したけど)第73局「予感」の扉絵

73_2
73
場所は、鹿児島県の宮崎県県境近くにある、霧島神宮です。
駐車場は無料でした。
写真の場所は、大鳥居から徒歩数分のところにあります。
昨年(2010年)12月23日に行ってきました。
それほど参拝者も多くなかったので、お正月などでなければ、撮影はし易いでしょう。

トップページ | 2011年2月 »