フォト

Twitter (大三元四暗刻 @Dai3gen4anko)

  • Twitter

咲-Saki-

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ミクちゃんor♪をクリック

無料ブログはココログ

« 全国高等学校麻雀大会選手権(インターハイ)団体戦のトーナメントを考える | トップページ | 咲-Saki-阿知賀編第15話の1コマ目に行ってきました »

2012年10月14日 (日)

「咲-saki-阿知賀編」インターハイ必勝祈願に行ってきました

先日、10月8日に開催されました、「阿知賀女子学院麻雀部インターハイ全国大会必勝祈願大作戦」に参加してきました。


さて、参加申し込みするにあたって、大きな問題が1つありました。
私は、アニメ最速を見るために、千里山女子が泊まったとされるホテルまで宿泊しに行ったりするほど、北大阪代表 千里山女子 を応援しています。
阿知賀女子と千里山女子は準決勝で決勝進出をかけて闘っているわけで、まさに
Photo
状態でした。(結局、両方応援することにしましたcoldsweats01 )

集合時間の3分前に近鉄吉野駅に到着する特急にギリギリ飛び乗って、なんとか案内ツアーに間に合いました。ひでさんの案内で吉野ケーブルで登って参拝先である吉水神社まで。
ケーブルのりばの看板が、以前来た時は青だったのですが、茶色っぽい色に塗り替えられています。推測ですが、国立公園などの建物は周りの景観を壊さないようにしなければならないという規制のためじゃないかなと思っています。咲-Saki-8巻コミック表紙の場所に探訪されたことがある方はご存じかと思いますが、すぐ近くにあるコンビニの看板も同じ色に塗られています。

吉水神社に到着。
Photo_2

吉水神社の宮司さんにお出迎えしていただいて、古式ゆかしき作法に則って宮司さんに祝詞をあげていただきました。必勝祈願の様子は、こちらで。

その後、お食事処 靜亭さんで昼食。若女将さん特製の咲-Saki-阿知賀編にちなんだお料理をいただきました。

Photo_3

穏乃をイメージして作られたそうで、茄子のジャージが素敵です。
靜亭さんには、本日(10/13)咲-Saki-阿知賀編第15話の最初のコマの場所に行ったときに、昼食をいただきに寄らせていただきました。


その後、舞台探訪に移り、竹林院前(阿知賀編コミック2巻表紙になっているところです)まで登ってから下りて吉野山駅前の展望台で解散となりました。
最後に吉野町地域おこし協力隊の吉村さんからお話を伺いました。
今回の企画を提案したのは、吉野が咲-Saki-阿知賀編の舞台になったことで、吉野町に探訪に来る人が増えてきたので、そのおもてなしをしたいのと、多くの人にもっと吉野町を知って欲しいし、舞台探訪をきっかけにしてにて若い人がもっと吉野町に来て欲しいとのことでした。

今回のイベントが1回目で、2回目も考えていきたいとのことでしたので、咲-Saki-ファンの一人として、「あったらいいなぁ」という企画を実現可能性を全然考えずに述べてみたいと思います。

原村 和が長野で住んでいる家とされている、通称のどっちハウスのモデルとなっているのが、長野県諏訪郡原村にある旧原村観光案内所です。そこでは原村観光協会と有志の方々の協力で、交流ノートが置かれたり年末のイルミネーションイベントで咲&和の特別展示をしたりして盛り上げてくださっています。
咲 阿知賀編というのは、穏乃、憧、玄さんが阿知賀女子麻雀部を復活させてインターハイ全国大会に和に会いに行く物語でアニメでは12話、漫画の方第13話、本編の漫画でも第102局で偶然に再会を果たしています。

ということで、和との再会記念 吉野山と原村のコラボレーションイベントが実現したら良いなぁと思うわけです。

« 全国高等学校麻雀大会選手権(インターハイ)団体戦のトーナメントを考える | トップページ | 咲-Saki-阿知賀編第15話の1コマ目に行ってきました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 全国高等学校麻雀大会選手権(インターハイ)団体戦のトーナメントを考える | トップページ | 咲-Saki-阿知賀編第15話の1コマ目に行ってきました »