フォト

Twitter (大三元四暗刻 @Dai3gen4anko)

  • Twitter

咲-Saki-

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ミクちゃんor♪をクリック

無料ブログはココログ

« 1つのジンクスに基づいて有珠山高校勝ち抜けを予想する | トップページ | 東京国際フォーラムの中と白糸台に行ってきました(東京国際フォーラム編) »

2013年8月25日 (日)

有珠山高校は、トーナメント表6Bを一位抜けしていた(?)

1つのジンクスに基づいて有珠山高校の勝ち抜けを予想する」 を投稿した後、もしかして有珠山高校は、トーナメント表の6Bを一位抜けしたのでは?と思ったので、そのことを追記します。

Aブロック準決勝の紹介順は、
阿知賀女子→新道寺女子→千里山女子→白糸台
でした。
5Aの一位抜け、二位抜けは明確には言及されていませんが、
・中堅戦まで白糸台がトップであり、一位に拘る淡が本気になったのは、全国では準決勝が初めて
・2回戦後のインタビューで「白糸台の優勝は鉄板」と言われている
ということを考慮すると、新道寺女子が二位、白糸台が一位と考えて間違いないと思われます。
ということは、
5B二位抜け→5A二位抜け→5B一位抜け→5A一位抜け
の順番で紹介されたことになります。

はたして、Bブロックの準決勝の紹介順は、
姫松→清澄→臨海女子→有珠山
でした。
つまり、6A二位抜け→6A一位抜け→6B?位抜け→6B?位抜け
となるわけですが、6Aが二位→一位の順番なのに、6Bが一位→二位とするのは変ですよね?
ということは、Bブロック準決勝の紹介順は、6A二位抜け→6A一位抜け→6B2位抜け→6B1位抜けと想定されるので、有珠山は6B一位抜け説を私は支持します。

さらに想像の羽を広げると、6Bは臨海女子が中堅戦まで大きくリードしていました。有珠山二位抜けならともかく一位抜けとなると、フナQ曰く有珠山の大将の強さはハンパないものと思います。
そんな大将が一年生だったらフナQの言うやばい一年生に挙げられないのはひっかかるので、私は有珠山の大将は、通称チョコレちゃんこと、獅子原爽ちゃん説を推します。

« 1つのジンクスに基づいて有珠山高校勝ち抜けを予想する | トップページ | 東京国際フォーラムの中と白糸台に行ってきました(東京国際フォーラム編) »

コメント

完全同意です。
テレビ放送による紹介ですから、
なんらかの意図が込められた順番だと考えていいと思います。
私も第106局掲載当時の感想記事で、
「有珠山は1位抜け」って書いたりしたのですが、
この件について触れてる方が他に誰もいなくて、
ずっともやもやしてました。

ただ、このテの憶測って紙面に提示されたヴィジョンしか参考にしてないから、スクエニの他タイトルの先史から何も学んでいない。もっと製作者側とマーケティングの裏事情も感情に入れるべきです。
特に漫画家の意志とは裏腹にコトが大きくなってしまったコンテンツは。

> ミスタ さん
おぉ、8ヶ月以上も前に既にチーム紹介順に言及されていたのですね。
スバラです。
どちらが一位抜けかはいずれ明らかになると思いますので、とても楽しみです。

> 774 さん
何か誤解されているようですので補足しますけど、私は引用元の記事に対して「こんな考え方もあるよ」と提示しているだけで、どちらが正解かを競うつもりはありません。
また、私はできあがった作品を読んであれこれ考えるのが好きなだけですので、裏事情とか知りたくもないですし、まったく考慮しません。
そのような三流週刊誌に対するようなご期待には添えないと思いますので、ご承知おきください。

有珠山1位抜けならハオがわざと誓子にツモらせてたのがおかし過ぎるような
まあ清澄決勝進出は確実、残り1枠は臨海と有珠山の争いと見ている読者視点では
臨海1位抜けだったとしてもハオのあの判断は有り得ないぐらい酷いんだけど

船Q発言なんて1例を挙げただけでしょ
対戦中のチームの大将やIH記録保持者の衣を倒した咲さん(ついでにチャンピオンの身内疑惑持ち)に比べて
(この点は咲さんと同じだけど)反対側の対戦するか未確定な初出場校の1年なんて優先順位が下がるのは当たり前なわけで
他に強い1年がいても少しもおかしくはないでしょ
船Qの発言が他には強い1年はいないと読み取れるようなものではない以上
確定した事項であるように言っちゃ駄目じゃないかな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1つのジンクスに基づいて有珠山高校勝ち抜けを予想する | トップページ | 東京国際フォーラムの中と白糸台に行ってきました(東京国際フォーラム編) »