フォト

Twitter (大三元四暗刻 @Dai3gen4anko)

  • Twitter

咲-Saki-

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ミクちゃんor♪をクリック

無料ブログはココログ

« 咲-Saki-全国編の先行上映会に行って、シノハユの横浜の舞台を廻ってきました | トップページ | インターハイ団体戦決勝-先鋒戦の展開を想像する - ドラが来ない玄ちゃんとチャンピオンの弱点 »

2014年1月11日 (土)

なぜ咲-Saki-舞台探索班は舞台の特定が早いのか - そこから見えてくること

日刊☆咲―Saki― さんの「誰もお前の日記なんて読みたくない」考察記事の書き方について で、個人的にどんな書き方をしているか見たい方の1つとして、このブログを挙げてくださって、特に

考察というか舞台訪問記事を書いてる方も含む感じで。舞台訪問の方とかどういうアプローチで見つけてるかまったくわからないし……情報出て一日も経たないうちに見つけるとか千里眼でも持ってるんでしょうか。

とのことですので、私が(たぶん、他の舞台を探している方も同様だと思います)どのようにして舞台の場所を見つけるか書いて、そこから見えてくる小林立先生の拘りについて語ってみたいと思います。

舞台を探す方法はいくつかのパターンがありますが、最近舞台の特定が早いのは、画像検索やGoogle ストリートビューなど、検索手段が充実してきているからだと考えています。

例として、咲-Saki-コミック第12巻の裏表紙の場所を探してみましょう。

Saki12

中央に小鍛治プロ、折り返しに瑞原プロ。(奥の方に小さく 三尋木プロ)
背景は、山道(ハイキングコース?)っぽいところで、奥に電波塔、それから風車がいくつ見えます。

これだけの情報で、実は簡単に特定できてしまうんです。


まずは、たいていの場合、風車をヒントに探してみると思いますが、普通に風車で画像検索しても、なかなかわからないと思います。


ですが、咲-Saki-舞台探訪クラスタにしてみれば、実は、場所は茨城か島根の二択なんですね。
茨城は検索している人が多そうですので、先に”風車 島根"で検索してみます。

すると、風力発電も気になりますが、一六島風車公園 - ドライブ点景 さんというブログがヒットします。「ふむ、公園の可能性もあるか」と思って、中を見てみますと、はい、見つかりました。所要時間、約15分というところでした。


ちなみに、一六島風車公園で画像検索すると、既に訪問された方がいるようですね。私は暖かくなってから行く
予定です。

では、なぜ茨城と島根の二択なのか?
それは、小鍛治プロが茨城出身、瑞原プロが島根出身だからです。

「えっ?咲-Saki-や阿知賀編で小鍛治プロ、瑞原プロの出身地って言及されていたっけ?」と思ったあなた、その疑問は正しいです。
実は、咲-Saki-や阿知賀編で小鍛治プロ、瑞原プロの出身地が言及されたことは(私の記憶では)ありません。出身地があきらかになったのは、阿知賀編BDの特典 プロ麻雀カードの記載によるものです。その後、シノハユの瑞原プロの小学生時代の描写で瑞原プロが島根出身であることがわかったのはご存じのとおりです。

しかし、咲-Saki-舞台探訪クラスタの間では、プロ麻雀カードがでるずっと前から、小鍛治プロの出身は茨城であるとの共通認識がありました。

それは、咲-Saki-番外編「ふくよかにすこやかに」(咲-Saki-コミック第8巻に収録)にその理由があります。

扉絵が、これです。
Saki080187

P1020055

ここは、茨城県石岡市にあります。ここを特定したのは私ではなくて、USO9000 さんなのですが、すこやんの「ホントに今からいくの?1時間半かかるよ」という台詞や、背景・その他のコマの観察から特定されています。(詳細は、[咲-Saki-][舞台推理][ふくよかにすこやかに]の舞台 / 仮想と現実の真ん中あたり を参照してください)

ですので、「もしかしたら、すこやんは茨城出身じゃないかな?」と思われていて、それがプロ麻雀カードで確定することになったわけです。
(ご参考 [咲-Saki-][咲-Saki-阿知賀編]プロ麻雀カードの設定が細かすぎ! / 仮想と現実の真ん中あたり )

つまり、私は、(たぶん他の咲-Saki-探訪クラスタの人も)、背景の描写やキャラの台詞は、特に言及されていなくても小林立先生の拘りで実際の取材に基づいて設定されているということを信じているので、背景の描写やキャラの台詞からわかるヒントを元に検索をし、それが少なからず実際当たっているので、情報が出て一日も経たないうちに特定されるということにつながるわけです。

最近は、舞台の特定が早くて、ヤングガンガンやビッグガンガンを発売日に買って読む前に特定されていて、「行ってきた」というTLがツイッタに流れることもしばしばです。
ですので、「咲-Saki-の舞台を探すのって面白そう、私もやってみたい」と思う方にとっては、実は、あまり良くない状況なんです。そんな方に、いまだ(私の知る限り)特定されていない舞台を紹介してこの記事をしめくくりたいと思います。

それは、咲-Saki-第119局「水着」ででてきた、霧島神境の海です。

Saki1190003

ポイントは、
・お昼頃のはっちゃんの影の向きから、西向きの海岸のよう。(ただし、別のコマでは影の向きが若干違うような気もします)
・砂浜は、そんなに広くなさそう。(海の家もない)
・砂浜の岸側は崖になっていて、階段を降りて砂浜に入る
・宮守女子のメンバーがお昼に東京を出発して夜に到着するということは、所要時間4~5時間?(交通手段が不明ですが)
・はっちゃんが居る、海に向かう堤防?がある
・飛んでいる鳥は、ウミネコ?カモメ?
鹿児島県霧島市は、海に面していますので、私はもちろん、鹿児島県観光サイトの霧島・姶良エリアの海水浴場は、実際に行ってチェックしましたが、残念ながら該当しませんでした。


ということで、情報をお待ちしております。

« 咲-Saki-全国編の先行上映会に行って、シノハユの横浜の舞台を廻ってきました | トップページ | インターハイ団体戦決勝-先鋒戦の展開を想像する - ドラが来ない玄ちゃんとチャンピオンの弱点 »

コメント

おっそろしいなといつも思っていましたが、やややこれはまさに理攻めとは脱帽です。

>通りすがりのヤクサム さん
特定は基本理詰めですね。検索では絞りきれずに現地確認が必要なケースとか、よくわからずに現地を探し回るケースもあるのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 咲-Saki-全国編の先行上映会に行って、シノハユの横浜の舞台を廻ってきました | トップページ | インターハイ団体戦決勝-先鋒戦の展開を想像する - ドラが来ない玄ちゃんとチャンピオンの弱点 »