フォト

Twitter (大三元四暗刻 @Dai3gen4anko)

  • Twitter

咲-Saki-

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ミクちゃんor♪をクリック

無料ブログはココログ

« 咲-Saki-コミック12巻表紙の場所とシノハユの舞台に行ってきました | トップページ | 咲-Saki-全国編BD1巻の特典コミックの舞台に行ってきました-東京編その1 »

2014年4月30日 (水)

あの日あの時に会ったのはもしかして........?

前回の記事に書いた「少し驚いたこと」について、いろいろ考察(というよりほとんど妄想)を書いてみようと思います。

月刊ビッグガンガン Vol.5 の発売日 2014年4月25日、 シノハユ 「はやり①」が掲載されている日です。

伊丹空港の出発ロビーで出雲行き便の搭乗時間までの間、ツイッターのTLを眺めてました。
そこで見たのがこれです。

ビッグガンガン発売日の朝6時に特定済で探訪済なことは、@D-はら基準さんなら、別に驚くことではありません。
私が驚いたのは、その場所です。昨年松江の探訪記事に書いたのですが、こんなことがありました。

(余談ですが、ここの撮影をしていたらカメラを持った若い女性に『こんにちは』と声をかけられました。多賀神社の階段の上から朝酌川の方を撮影してましたけど、シノハユ探訪の人ではなく、写真撮影が趣味の人かな?)

その時、私が撮影していたのは、これです。
P1000821

ここはローアングルですので座り込んで撮影していたら、背後から「こんにちは」と声をかけられて、振り返ると一眼レフカメラを持った若い女性(年齢的には赤土先生くらいをイメージしてもらえれば)が会釈していましたので、私も「こんにちは」と会釈し返すと、そのまま多賀神社の階段を登って朝酌川の方を撮影しはじめました。
私は、ここの撮影は終わったので次の撮影場所、レンタサイクルに乗ってくにびきメッセに向かいました。で自転車をこいでいる時に「あれ?もしかしたらさっきの人は小林立先生じゃね?」という考えが浮かんで離れなかったので、くにびきメッセの撮影の後にもう一度多賀神社に戻り、もしかしたら、将来シノハユに出てくるかもと思って彼女が撮影していた場所でカメラを向けていた方向を撮ってみました。

P1000849

もう少しアングルを右下に向けていたら一致したかも...


ということで、撮影していた若い女性が小林立先生かどうか考えてみました。

撮影日は2013年11月30日、ヤングガンガン発売日12月6日の1週間前ですので、もう咲-Saki-第120局の入稿は済んでいるでしょう。その次のヤングガンガン発売日12月20日は咲-Saki-は休載ですので取材に行かれる可能性はあるかと思います。
タイミングとしては、シノハユは慕編が完結して12月から閑無編が始まるわけですが、閑無編の次のはやり編の構想を練るために、朝酌地区の取材をすることはありえると思います。

で、今回(4/25~26)松江にいる間は「小林立先生に声をかけられた(かもしれない)」と喜んでたのですが、家に帰ってビッグガンガン 2014 Vol.5を購入しシノハユ第8話を読んでみると「あれ?違うんじゃね?」という根拠も見つかったりしました。

違うんじゃね?証拠その1
08
月刊ビッグガンガン 2014 Vol.5 シノハユ第08話「はやり①」P152-153

注目するのは影の向きです。写真の鳥居の影は道路の方を向いていますが、漫画の方は川の方を向いています。つまり、これは朝に撮影されたであろうことを表しています。

違うんじゃね?証拠その2
080028
月刊ビッグガンガン 2014 Vol.5 シノハユ第08話「はやり①」P178

ここは、松江イオンのフードコートであることが既に特定されています。奥に見えている長崎ちゃんぽんは、リンガーハットなのですが、ここは最近の2014年2月19日にオープンしたばかりです。ということは取材は2月下旬じゃないかと推測されるわけです。
でも2月だったら雪景色でしょうからこのときの取材じゃないな、というわけでよくわかりません(^^;

やっぱり、影の向きが一番引っかかりますね。

小林立先生については年齢や性別等すべて非公開になっていますので、私もあえて追求しようとは思っていません。(いろいろ推測することはありますが)
ということで、この話はここまでで終了です。

« 咲-Saki-コミック12巻表紙の場所とシノハユの舞台に行ってきました | トップページ | 咲-Saki-全国編BD1巻の特典コミックの舞台に行ってきました-東京編その1 »

コメント

もしかしてと思うとドキドキしますね!

りっち=赤土さんで概念が固定されました。ハルちゃんがあんな絵を…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 咲-Saki-コミック12巻表紙の場所とシノハユの舞台に行ってきました | トップページ | 咲-Saki-全国編BD1巻の特典コミックの舞台に行ってきました-東京編その1 »