フォト

Twitter (大三元四暗刻 @Dai3gen4anko)

  • Twitter

咲-Saki-

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ミクちゃんor♪をクリック

無料ブログはココログ

« もしも「咲-Saki-舞台探訪オープン」があったら?-解説編 | トップページ | 咲-Saki-舞台探訪は得意なんだけど »

2014年8月19日 (火)

「近代麻雀漫画生活」と「清澄高校クイズ部」の合同打ち上げに参加してきました

人生うん十年にして初めてコミケに参加してきました。
お目当ては第1回咲-Saki-オープン記録集です。
(そういえば、コラムに書いたことかなり的外れのような気がしてきました)

今までは、同人誌は書店委託されたものを少し買う程度ですが、初コミケで舞い上がってここぞとばかり買い込んだのは横においといて。

その後に開催されました「近代麻雀漫画生活」と「清澄高校クイズ部」の合同打ち上げに参加して、清澄高校クイズ部のお二人、やっさんさんとRYOさんに、第2回咲-Saki-オープン開催の際は、是非問題作成に参加させてくださいとアピールしてきました。

もちろん、第2回については、開催するかどうかも含めて何も決まっていないのですし、私はクイズに関しては素人ですが、少しでも開催のハードルが低くなれば良いなと思っています。
やっぱり、準決勝進出者は、第2回も回答者として出場した方が良いですしね。

ということで、帰りの飛行機で考えたクイズを書いてみました。




もし、良かったら考えてみてください。

予選第n局「六曜」(仮タイトル)
ルール(案)

早押し問題で、三ポイント先取勝ち抜けです。
(といっても、早押しボタンはありませんし、他の回答者もいませんが、あるものとして想像してください)
あるキャラを説明するヒントが計4つでます。わかったところで、早押しボタンを押してください。
(早押しボタンははないので、「回答する」をクリックしてください。以下同様)

ココログの管理画面から同一ページのリンクの動作確認がうまくいかないので、もし正しく動作しなかったら、お手数ですが下スクロールさせてくださいませ。

第一回答者が正解するとプラス1ポイントです。不正解だと、その問題の回答権がなくなり、他のプレイヤーに回答権が移ります。
第二回答者以降が正解すると、不正解だったプレイヤーのポイントがゼロになります。
ただし、第4ヒントが読まれてから回答する場合、答える前に「ぼっちじゃないよ」と言う必要があります。言い忘れると、不正解だったプレイヤーのポイントがゼロになるペナルティーはなくなります。


問題(例)

以下のヒント全てに当てはまるキャラを答えてください。

ヒント1 高校一年生の時にインターハイに出場した

回答する

次のヒント




























ヒント2 誕生日は6月22日

回答する

次のヒント






























ヒント3  森垣友香と同じC.V.(声優)

回答する'

次のヒント






























ヒント4 「阿知賀のレジェンド」と呼ばれている

回答する



























正解は、赤土晴絵

第四ヒントまでいけば簡単だと思いますが、一応背景色で書いています。
第四ヒントまでいった方は「ぼっちじゃないよ」と言いましたか?(笑)
ちなみに、私は第三ヒントでわかります。初期公開時から誕生日が変更になっているので、第二ヒントでわかる方も多いと思います。

さて、このクイズは
姉帯豊音の能力、先負と友引をモチーフにしたルールのつもりです。

第1回咲-Saki-オープンは、原作のタイトルで統一されていましたが、それを踏襲するなら、「追補」か「奇怪」なのですが、どちらもしっくりこないので六曜にしてみました。

問題作成の意図としては、第一ヒントでは一人に絞りきれないものを、第四ヒントは誰でも正解がわかるヒント(4つ鳴いて裸単騎になったら必ず和了れる)ので、実質考えるのは第二ヒントと第三ヒントだけになります。また、第2ヒントと第三ヒントが問題の難度を左右します。

あと、このクイズは、咲-Saki- Characters のデータが活用しやすいのもメリットかなと思っています。
(ただ単純に○○の身長は何センチ?とか、誕生日は何月何日?という問題は、あまり面白くないので使いづらい)

「ぼっちじゃないよ」を言うのは、たぶんほとんどの問題は第三ヒントまでで正解がでると思うので、第四ヒントまでいけば忘れやすいかもという少し意地悪な意図で。このルールは、なくても良いかもしれません。

こんな感じで、いろいろ考えています。
まずは、思いついた問題を少しずつ記録していくことにします。

« もしも「咲-Saki-舞台探訪オープン」があったら?-解説編 | トップページ | 咲-Saki-舞台探訪は得意なんだけど »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もしも「咲-Saki-舞台探訪オープン」があったら?-解説編 | トップページ | 咲-Saki-舞台探訪は得意なんだけど »